結婚式二次会でやるべきこと

現時点でわかっている決めなければいけないこととしては下記があります。
場所・時間・人数・会費・案内状・出し物・ゲーム・司会・受付・料理・裏方など。
貴方が新郎新婦であれば、まず最初に「幹事を誰にするか決める」ことから始まります。
そして、どんな二次会にしたいかイメージを具体的に挙げてみて、幹事に伝えましょう。
一緒に会場探しをするのも良いですね。
適任する幹事がいなければ、幹事代行サービスに依頼するのも有りです。

■幹事が決まったら

・二次会に招待するゲストを決める。
披露宴からの出席する人もいるでしょうし、二次会のみの友人知人、先輩後輩もいるでしょう。
ここでキチンと人数設定をしておきましょう。

・二次会の会場を探す。
人数、予算、希望するイメージに合う会場を探しましょう。
二次会が披露宴終了から15分ぐらいで始まることに!なんてこともありえるので、少し余裕のある時間設定にすることをオススメします。

・会場の下見、決定。
人気の会場は予約でいっぱい!な事を頭に入れて、なるべく早めに予約をしましょう。

・二次会の招待状or案内状を送る
参加者に招待状を送ります。最近はメールで送るケースが一般的。

・二次会の出欠を集結する。
二次会の出欠の返事を貰い、人数を把握すること。

・演出&企画を決める。
ゲームやスピーチの依頼は早めにしておきましょう。ゲームの内容もここで決めておきましょう。
会場で使える備品、持込料の有無も事前に確認することを忘れずに。

・備品、ゲームの景品の準備をする。
ゲームの景品やクラッカーなど、二次会で使用する備品の購入リストを作成します。
領収書は保管してもらいましょう。新郎新婦&幹事も経過を把握しておくとトラブル防止に繋がります。

・最終確認
本番の数日前になったら、幹事さんから新郎新婦へ二次会のゲストの人数を伝えましょう。
予約内容に間違いはないかの確認、ムービーや音響、カメラマン、照明設備が問題なく使えそう かも再度確認しておきましょう。
受付で必要となる、お釣り用の小銭の準備も忘れずに。
必要な備品やゲームの景品がそろっ ているかも改めてチェックしておきましょう。

■新郎新婦の準備
参加してくれたゲストの方への「プチギフト」を準備することをオススメします。
二次会の最後に、「来てくれてありがとう」の感謝の言葉と共にプチギフト等を送ると喜ばれます。
プチギフトはリーズナブルなもので、お菓子やミニタオルといったものが人気です。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします